久しぶりの映画鑑賞

最近までクーラーが欠かせなかったのに、気が付けばあっという間に

秋を通り越して冬が来たような寒さを感じられるようになりました。

そんな寒さに負けないほど、いま日本の映画界でホットな話題となっている

「鬼滅の刃」を映画館へ観に行ってきました。

コロナ禍で映画館のような密閉された空間に怖さを感じていたため、

ほぼ1年ぶりの映画館でした。

検温とアルコール消毒、ソーシャルディスタンスを保つために席を空け、

ポップコーンなどの食品販売の禁止(飲み物は販売されていました)と、

念入りなコロナ対策が行われていました。

映画といえばポップコーン!と、

そちらも楽しみにしていた私は少し口寂しかったものの、

安心して映画に集中することができました。

友人に勧められて漫画で読んでいたこともあり、

映画の展開は何となく分った上での鑑賞でしたが、

映像の迫力と綺麗さに、ただただ圧倒されました。

また、映画ならでの肉付けされたシーンやエピソードもあり、「

観に来たかいがあった」と思わせてくれる作品でした。

久しぶりに娯楽を楽しめたひと時でした。

これから繁忙期に入りますが、映画の登場人物に負けないよう、

全集中でお仕事を頑張りたいと思います。

【スタッフS】