SOSコール

近年、あおり運転や高齢者の危険運転などのニュースをよく見ます。

SNSやドライブレコーダーの普及などにより、ニュースに取り上げられるケースが多くなったことが原因ですが、

以前からもそういった事件事故は多くあったと思います。

そういった事件事故を防ぐため、新型の自動車のオプションに「SOSコール(ヘルプネット)」

が設定されることが話題となっています。

乗用車の緊急事態の際に使用するもので、SOSコールを押すと、走行位置を特定し、

コールセンター等を通じて警察に通報することもできるようです。

緊急時には、電話をしている余裕もないので、ボタン一つでSOSを送ることが出来る

非常に便利なものです。

今後はSOSコールだけではなく、給油タイミングに近くのガソリンスタンドへ連絡し、

誘導してくれるボタンや車両異常を知らせてくれて、

近くの車屋さんへ連絡することが出来るボタンなども増えてくるのではないかと期待しています。

その一方で、SOSコールが付いた車からの道に迷ったなどの緊急事態ではない

連絡の増加や誤作動によるコールなどが増え、警察・救急の方のお仕事が大変になると予想されます。

これらの様な便利なIT機能は使用する側がしっかりと理解して使用することが大事かと思います。

この情報社会を生き抜くためにも便利になる分、トラブルも起きてしまうことを考え、

行動していこうと思います。【スタッフT】