【神戸市、家賃減免の不動産保有者に8割補助】

神戸市は新型コロナウイルスの感染拡大で売上が減った神戸市内の飲食店や
小売店の家賃を不動産所有者が減額した場合、
市が所有者に対し減額した額の8割を支援します。

対象期間は、緊急事態宣言期間(4月7日~5月6日)にかかる店舗の家賃で、
4月及び5月の2ヶ月間の賃料減額に対して補助が出る予定です。

なお、緊急事態宣言期間が延長されれば、
この制度の期間も延長される可能性があるとのことですが、
正式にはゴールデンウィーク後に
神戸市のホームページに掲載されるようです。

例えば50万円の家賃を30万円に減額した場合、
減額した20万円の8割である16万円の支援が受けられる事になります。

200万円を上限に複数のテナントにも適用可能です
対象業種は、対人販売、対人サービスを営む店舗を対象に詳細は検討中ですが、
大手チェーン店や自己所有のテナントは対象外となります。

なお、私見ではありますが、
これらは神戸市独自の施策であるため、
神戸市に住所がある方や神戸市に本店がある法人が所有する
他府県の店舗においては対象にならないと思われます。

逆に、神戸市以外に住所や本店があっても店舗が神戸市にあれば、
対象になると思われます。

兵庫県においては、
神戸市以外にも西宮市で売上が2割以上減少した飲食店や小売店の個人事業主に対して、
1ヶ月分、最大10万円の家賃補助をする支援策を打ち出しております。

詳細が出され次第随時更新致します。

※4月24日付けでお知らせ致しました
『神戸市、家賃減免の不動産所有者に8割補助』について
赤字部分加筆修正しております。