蔡焜燦氏の信条

さる7月17日、台湾の蔡焜燦(さいこんさん)氏がお亡くなりになりました。

以前司馬遼太郎の「街道を行く 台湾紀行」に「老台北」として登場されたのを記憶しておられる方もいらっしゃると思います。

先日の新聞で訃報を知りましたが、そこに良い言葉が紹介されていました。

蔡氏は、戦前に台湾の民政長官を務めていた後藤新平の言葉が信条だと話されていました。

すなわち「カネを残す人生は下。事業を残す人生は中。人を残す人生こそが上」自分も経営者の端くれとして、同じ志を持つ会計人・税金屋を一人でも残したいと願うばかりです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です