国際会館前のハナミズキ

今年も神戸三宮の国際会館南側には、いつものハナミズキが咲き始めています。

可憐な白やピンクの花は、桜が散った亡失感をしばし忘れ和ませてくれます。

以前にも書きましたが、関心するのは枝の高さの剪定で、大人の背の高さを考慮して、通行の邪魔にならないように揃えてくれています。

毎年の業者さんのご苦労に感謝しつつ、春ももう終わりだなあ、今年も早い目に暑い夏が来るのかなあ、などと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です