社会的な損失

東芝の企業としての行く末が懸念されています。

上場企業の社会的な責任はわれわれ中小企業の比ではありません。企業が発表する財務諸表を信頼して(それを監査する監査法人も信用して)、私たち一般の投資家は株式投資を行います。

したがってその財務諸表すなわち「お帳面」がでたらめで、儲けてもないのに嘘の利益を計上すなわち粉飾決算をすれば、経済社会に大きな傷を残すことになります。

記憶に新しいライブドア事件も同じ犯罪でした。東芝という巨大な規模の会社の粉飾について、粉飾をした個人の特定は困難を究める事と思います。

が、ぜひ検察庁には頑張っていただき、「ホリエモン」に課したような処罰が下ることを望んで止みません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です