かなり早めの悩ましい問題と親スゲェの話

そろそろ忘年会シーズン真っ只中ですね。税法の世界では、配偶者控除をどうするか云々の話題で盛り上がっているようですが、最近僕の目下の問題はずばり 『子供の教育費!!!』もっと細かく言えば『塾!塾にかかる費用!!!』

まだうちの坊主は2歳なので、実際にはまだまだ先の話なのですが、話を聞かせてくれる社長や上司の方々たちは既に経験済み若しくは現在経験中の方たちです。

夏季講習の費用に何十万円だの、月々に月謝何万円だの……。もうね、頭が痛いです。まぁ、私自身は中学、高校は遊ぶ事に全エネルギーを注いでいましたし、塾も行ってませんし、当然の結果として大学も行かず(正確には行けず)専門学校に行きましたので、全然知らなかった、と言うか知らないように耳電源がOFFってたんでしょうが、どうも最近周りの話を聞く限り、普通は塾行くし、夏季講習行くし、複数の大学受けるし、らしくかなりビビってます。

と、同時に「世の中の父ちゃん、母ちゃんスゲェっす」と言う事です、自分に子供が出来て初めて実感として、親スゲェが出てきました。教育費こそ人並み以下で済んでる私ですが、歯列矯正やレーシックもしてもらいましたし、まぁ何やかんや金はかかってたようです。

もちろん自分の子供が将来、望む事は出来る限りしてやりたいと思いますし、まぁ実際そうなったら何となく、世間並みにはどうにかなるんでしょうが、「おかーん!歯ぁ矯正してええかぁ?」とか「ちょっとレーシックしたいねんけどぉ!」と軽々しく、かつての僕の様に言われたら多分僕、イラッとしそうです。いや、絶対イラッとすると思います。

という事で、長々と長文でしたが何が言いたいかと言いますと、子供を産んで、育てて一人前にするのは、凄い事なんだなぁと、それと育ててくれた親には感謝しないとねー。と言う事です。

追伸:うちの坊主(リンタロウ)は黒いセダンを見ると全部、僕が運転していると思っているらしく、どこでも大声で『パパァ』『パポォ』と指さして叫んでいるようです。