2020.11.02

中小企業成長促進法

中小企業の事業承継を円滑に図るための「中小企業成長促進法」が先月10月1日に施行されました。この法律は事業承継以外にも、経営強化や地域経済の牽引や競争力強化などを盛り込んだものです(令和2年4月1日施行の中小企業信用保険法の改良?)。

この中で、特に中小企業の経営者にとって有難いのは、「事業承継時の経営者保証解除の新設」です。

事業承継をすすめる際に、後継者候補に承継を拒否される大きな要因が経営者保証です。
この新しい法律により、一定の要件はあるのですが、M&Aほか事業承継に併せて経営者保証付きの債務の借り換え資金に対して、経営者保証を求めない「経営承継借換関連保証」と、併せて信用保証特別額(2.8億円増額)が新設されました。これで、後継者候補の心理的負担がかなり軽減されます。

すなわち、現在の経営者は経営者保証が解除され、後継者に経営者保証の引継ぎの心配もなくスムーズな事業承継が実現されるというものです。

一定の要件(資産超過ほか)のハードルの程度はありますが、事業承継をそろそろとお考えの皆様には、朗報ですね。

詳しい資料は下記にリンク
"出典:中小企業庁「中小企業成長促進法について」" を貼っておりますので、
ご覧ください。

佐藤 裕子