教育資金贈与

令和3年度税制改正の中で、相続の節税対策の一つである「生前贈与」が激変(改悪)する予定となっています。

教育資金の贈与の特例を使うと、暦年基礎控除額110万円を使って

少しずつではなく、非課税で、すぐに多額(上限1,500万円)の贈与ができます。

(孫、曾孫そして玄孫にも可能)

改正前には、一回贈与すれば、贈与後3年の経過で、完全に相続財産から切り離しができ、

節税効果が絶大(?)であったのですが、改正後はそうはいきません。

改正後、令和3年4月1日以降の贈与については、贈与が3年経過した後に相続が発生した場合であっても、

使いきれなかった教育資金の残高は相続財産になり課税対象になります(在学中除く)。

さらにこの相続税は孫たちへ相続されたとして2割加算の対象となります。

興味のある方は3月末までのお手続きをご検討ください。

二人の孫がいる私にとってもこれを良い機会と捉えるか、

はたまた老後の生活資金が全く読めないのも不安…。 

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728