共存

国立国際医療研究センターの調査で、新型コロナに感染した

日本人の入院患者の死亡率は7.5%で、海外の死亡率

(中国が28%、英国が26%、米国ニューヨーク州は21~24%)

と比較すると、日本は桁違いに低いそうです。

原因は分からないのですが、欧米に比べて糖尿や

肥満の割合が少ないことが影響しているようです。

日本の糖尿病の罹患率は英国や米国に比べると約半分。

肥満と診断された人の割合も日本が5%なのに対し、

英国は9%、米国は40%と、いずれも日本の率が

かなり低い結果となっています。

この日本人の幸運(?)な体質を以って、毎日報道される感染者の数に過度に神経質にならず、

新型コロナとの共存を心掛けるべき時期がきているように思います。マスクも適度に外し、

熱中症に十分に気を付け、残暑を乗り切りましょう。