「生産性革命推進事業による事業再開支援パッケージ」

昨年の夏に「花火」という日本酒を紹介させていただきましたが、花火には邪気払いの意味もあるそうです。

花火大会は江戸時代に疫病退散を祈願して行われたのが始まりとされ、その意味に因み6月の初めに、新型コロナウィルスの終息を願い、全国で一斉に花火が打ち上げられました。その費用が花火業者の自己負担ということに驚きました。

さて、経済産業省が感染予防対策として、「生産性革命推進事業による事業再開支援パッケージ」という仰々しい名前で補助金を出しています。

テレワークなどに取り組み、『ものづくり補助金』の特別枠に採択された事業者に対し、さらに上乗せで感染防止対策としてマスク・換気設備・消毒・飛沫防止対策費用等の経費に対する補助金が給付される事業再開枠が設けられています。補助上限は50万円。5/14以降の支払いが対象となっていますので、対象になる可能性のあるお客様は検討されてはいかがでしょうか。次回締切は8/3です。詳しくは経済産業省のホームページをご覧ください。

マスクをして、本当に息苦しい思いを強いられているのですが、これからの猛暑の中、体調管理ご自愛ください(マスクの下は笑顔で)。