蚊取線香誕生までの道

蚊に悩まされる季節がやってきました。

夏の風物詩としても親しまれてきた蚊取線香ですが、庭作業するときにぶら下げてよく使います。

その渦巻き型の蚊取線香の歴史に興味深いものがあります。

発明したのは「金鳥」の大日本除虫菊の創業者である上山英一郎氏で、和歌山で除虫菊を栽培したことから始まりました。

仏壇線香に除虫菊の粉末を混ぜることを考案し、1890年に世界初の蚊取線香を発明、販売しました。

販売当初は棒状の線香で、40分程しか持続しなかったようです。

そんな中で、上山氏の妻がとぐろを巻いたヘビを見かけたときにひらめき、それをヒントに渦巻き型の蚊取線香が1895年に考案され、それから試行錯誤の末、1902年に約6時間燃焼効果を持つ蚊取線香が出来上がったようです。

蚊取線香は日本だけでなく、東南アジアやアフリカの奥地の電気のないところでも使われ、蚊が媒介する病気であるマラリアの予防にも貢献し、日本化学会の「化学遺産」に認定されています。(色々な団体が何とか遺産を認定しているのですね…)