日本酒「醸し人九平次」

先日美味しい日本酒を頂きました。

「醸し人九平次(かもしびとくへいじ)うすにごり」です。

ほんのりと微炭酸で、香りが深く、初めての感覚でした。

本当に美味しいと感動しました。

蔵元は愛知県の「萬乗醸造(ばんじょうじょうぞう)」で、吟醸と大吟醸しか造らない蔵です。

因みに、精米歩合60%以下が吟醸で、50%以下が大吟醸です。

兵庫県旧多可郡黒田庄町で自社栽培された酒米山田錦のみで醸造されているようです。

私が37年前に配属されたのが、姫路税務署間税部門で、酒税と物品税と印紙税が主な仕事でした。

調査と称して、酒蔵で杜氏さんから日本酒のことを一から教えていただき、日本酒が大好きになりました。

が、とても残念なことに、諸事情(子供を授かったことや、ここ最近は加齢とともに)で大好きな日本酒と疎遠になっていました。

本当に何十年ぶりかに美味しい日本酒と出会い、もう一度日本酒について知りたいと真に思いました。

また機会あるごとに、美味しい日本酒のことをお伝えしたいと思います。