プロとしての在り方

ゴルフの片山晋呉プロが、トーナメント戦前日のプロアマ交流競技において、同伴アマに対し失礼な態度を取り、怒ったアマチュアが競技を中止した、という記事が出ていました。

男子プロの競技はここ数年スポンサーが減少していて、競技の数も賞金額も昔より大幅に少なくなっています。

プロの選手会は今年度新たに石川遼プロが新会長に就任し、ジリ貧となっているトーナメントを活性化させようとしていた矢先の問題となってしまいました。

プロアマ競技とはプロが日頃お世話になっているアマチュアを招待して、プレーや指導を通じて感謝を表す大事な機会です。

丁寧かつ親切な対応が当然求められているのに、同プロは片手をポケットに突っ込んだまま話したり、グリーン上で自分の練習に専念したのは浅はかの一言です。

自分がプロとして生活ができているのは誰のおかげか、いい年をして分かっていません。

どこの世界にも彼のような人間はいるようです。

気を引き締めたいと思っています。