衆議院選挙

衆議院が解散され、今月は選挙が実施されます。

「選良」という言葉がありますが、はたして今の候補者にその言葉通り値打ちのある人が何人いるのか、はなはだ疑問に感じます。

本当に立派な学歴の人が「このハゲー!」だとか、政務活動費を私的に使ったり、自分が乗ってる船(党)が溺れそうだから乗り換えたり、節操の無い弁えることのできない政治家(せいじや、と読んでください)が多すぎて失望しています。

国内問題はまだ先送りすることが可能ですが、現在の北朝鮮とロシア・中国との国外問題は待ったなしの状態ではないでしょうか?

万一望まない戦争が生じたとき、国を守る、日本を守る体制は甚だ脆弱です。

国の存亡を念頭に置かずして、何が国会議員でしょうか?

他国に阿る(おもねる)余裕が、今の日本に本当にあると思っているのでしょうか?

新しい衆議院議員には、ぜひこの問題に取り組んで頂きたいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です